SAHORO.COM > 公表以後

佐幌岳北斜面スキー場拡張計画公表以後の動き

作成日等 関係機関 文書名 表題等 概要 PDF アップロード
2010/03/25 町・十勝支庁長・東大雪支署長他 会議結果報告書
狩勝高原森林空間総合利用地域運営協議会の臨時総会について 報告のあったサホロスキー場の北斜面開発計画への対応として、諏訪支署長から報告の管理経営方針書内容と加森観光(株)安田総支配人から報告の内容について一部合わない点があるため適切な計画となるよう協議会として要請することを事務局から提案し承認された。 4825KB 2010/04/24
2010/03/31 事業者・新得おもしろ調査隊 抗議書   新得おもしろ調査隊から加森観光株式会社宛に抗議書
貴社に対し、開発計画を推進するにあたり、私達に事前に何の説明、打診もないまま名前を使われたこと、関係機関との協議の中であたかも協力団体の如く扱われたこと、更に「推進協議会」の理事として公表されたことに対し、総会の決議として強く抗議します。
327KB 2010/03/31
2010/04/02 町資料 北海道新聞 サホロのスキー場開発計画
「打診なく協力団体に」
新得の町民グループ 町などに抗議
  347KB 2010/04/24
2010/04/02 町・事業者・町民・新聞社   サホロスキー場北斜面開発現地視察報告 他 安田支配人より視察コースの説明後、ゴンドラにて山頂へ移動。
視察コース:別添のとおり。最北コースは今後変更の可能性あるため、今回は中央のコースを実施)
途中クマゲラが生息していたと思われる木が数力所見られた。
大本はあまり見られなかった。
山麓付近は人工林が密集している。
9832KB 2010/04/24
2010/04/06 町・事業者・協議会 会議結果報告書
サホロ高原開発推進協議会の設立準備会及び設立総会について   4721KB 2010/04/24
  (仮称)サホロ高原開発推進協議会 設立準備会議案 他 配布資料 9279KB 2010/04/06
2010/04/08 事業者・新得おもしろ調査隊   サホロ高原開発推進協議会の理事案についての抗議について 加森観光株式会社サホロ事業部より新得おもしろ調査隊宛に回答
4月6日の貴団体との打ち合わせ後に新得町役場様に出向き、内容を説明してこの度の関係省庁への提案と自然保護団体と誤解される報告について訂正して頂くように申し入れ致しました。
562KB 2010/04/09
2010/04/12 事業者 新聞折込 サホロリゾートスキー場北斜面拡張計画 住民説明会のお知らせ   379KB 2010/04/10
2010/04/13 町資料 北海道新聞・十勝毎日新聞 環境への影響懸念も
新得 加森観光が住民説明会

合理性問う声も
自然保護団体など 再度の説明会要望
【北海道新聞】
説明会には町民や十勝自然保護協会員ら約90人が参加。会場からは「国有林は国民の財産。スキー場開発で木を切るなら相当な理由が必要だ」「既存のゲレンデをしっかり整備し、地元客に来てもらうことが先決ではないか」といった声のほか、「生態系調査などの結果をしっかり示してもらわなければ判断ができない」などの意見や質問が相次いだ。
【十勝毎日新聞】
一部住民からも「加森観光の経営や各地のスキー場の状況を見たら、将来、外国資本に売り払うのではないかと心配。海外資本に売ったとして原状復帰に責任が持てるのか。もっと情報がないと町民は判断できない」と情報開示を求める声が上がった。
2211KB 2010/07/21
2010/04/15 町資料 十勝毎日新聞 活性化期待も根強い慎重論   2880KB 2010/07/21
2010/05/14 町・議員協議会   サホロスキー場北斜面開発について ●町の基本的な考え
・町内の民間企業が進める経済活動は基本的に協力をしていく。
・開発行為、国有林に許認可については、それぞれの適格な審査基準により判断されるものと認識。事業者はそれに沿うよう努力するべき。
・事業者には環境に十分配慮した対応を求める。
(伐採した面積相当の植林、不要リフトの撤去、水源地への配慮、地域経済への配慮)
●町の今後の取り組み
貸与申請が提出(上士幌支署)された後、 町長の意見が求められる。
2168KB 2010/07/21
2010/05/17 事業者 新聞折込 サホロリゾートスキー場北斜面拡張計画 住民意見交換会   396KB 2010/05/16
2010/05/19 町資料 北海道新聞・十勝毎日新聞 話し合い打ち切る

振興一致も手法に相違
新得で住民意見交換会
【十勝毎日新聞】
オフピステ案についてサホロ側は「客が入ってけがをした際ハパトロールで見逃してしまう恐れもある。スキー場施設で上に登り、入っていけない部分でけがをしても当社の責任になる」と慎重姿勢。前回説明会(4月)で出た開発後の外国資本への.売却懸念については「サホロ事業部は加森観光でも大事な部分。サホロから手を引くことはあり得ない」と否定した。一部町民からは開発自体の中止を求める声もあった。
【北海道新聞】
「説明会はこれで最後にしたい」と通告し、意見交換会を終了した。同事業部は閉会後、年内の着工を目指して、6月にも国有林の使用許可申請を提出するとした。
2683KB 2010/07/21
2010/05/20 協議会・議員・町 サホロ高原開発推進協議会による現地視察   【十勝毎日新聞】
安田総支配人は「コ― スレイアントを当初から若干変更し、中腹は少し木を残すようコース設計を進めている」などと伝えた。
3736KB 2010/07/21